ご旅行者様の声

Customer Reviews

―ご旅行者様の声―

 

ご旅行者様情報

脳卒中による右片麻痺で、歩行時は一本杖を使用。高山ツアー、ご夫婦いちご狩りツアー、野球観戦ツアーなどに参加。
(リハビリ施設P-BASE利用者様)

いつも旅行は家族が一緒でした。

家族の心配もあって、いつも旅行は妻と一緒に行っていました。ですが、P-BASEで一緒にリハビリをしている周囲の方やじぇぷとの方に声をかけていただき、ツアーに参加してみることにしました。同行していただいた方は普段からリハビリでお世話になっている方なので、とくに不安はありませんでした。一番好きなツアーはナゴヤドーム野球観戦ツアーです。

孫にお土産を買うために、エスカレーターに乗れるように。

ナゴヤドームでの野球観戦ツアーは大好きです。孫へのお土産を買いにお土産コーナーに行くため、それまで乗ったことがなかったエスカレーターに乗れるようになりました。今までできなかったことが、一歩外に出て目標を見つけると、できるようになりました。

ナゴヤドーム最前列で観戦するために。

一番最初にナゴヤドームで野球観戦したときは後方の車椅子席でしたが、前回のツアーでは最前列で観戦することができました。最前列まで行くためには階段を降りなくてはいけなかったので、それを目標にリハビリを頑張りました。最前列での観戦はとても良い思い出です。旅行に行くことで、歩くことへの自信が持てるようになりました。

じぇぷとスタッフより

次はフィールドシートですね!

旅行を通して、体の機能がよくなってきているのを肌で感じています。早くナゴヤドームで観戦したいですね!次は、日本シリーズ、フィールドシートで観戦しましょう!

ご旅行者様情報

パーキンソン病。長い距離の移動は、歩行器・車いすを使用。参加ツアーは約30回。
(リハビリ施設P-BASE利用者様)

じぇぷとは、行きたいところに連れて行ってくれます。

もともと、私は社交的な方だと思いますし、外に出ることも好きです。なので、旅行サービスが始まると知ってから、じぇぷとのスタッフの方に、「こんなところに行きたい」「こんなことがしたい」といろんな要望を出させていただきました。そして参加すること30回。どんなところでもじぇぷとは行きたいところに連れて行ってくれます。

手書きの歌詞カードを準備して…。

私は旅行のときは、いろんな歌の歌詞カードを手書きで用意していきます。お友達と一緒に歌を歌いながら過ごす車内もとても楽しいです。お友達と行く旅行は本当に楽しい!一番心に残っている思い出は、お友達3人で行った広島旅行です。お友達と旅行に行くことが、日々のリハビリの目標です。

「できないことはない」と思っています。

旅行に出かけるようになってから、いろんなことに挑戦してみようと思えるようになりました。今では、「できないことはない」と思っているくらいです。実家の京都にも、一人で行けるようになりました。今の目標は、スカイダイビングをすることです。

じぇぷとスタッフより

スカイダイビング、行きましょうね。

いつも旅行を盛り上げてくださり、ありがとうございます。旅行サービスが始まってから、まるでじぇぷとの一員のように、旅行を企画しいろいろなところにでかけましたね。チャレンジ精神が本当にすごい!次は、スカイダイビング、行きましょうね。

ご旅行者様情報

脳卒中による左片麻痺で、歩行時は杖を使用。ご夫婦ツアーに4回参加。
(リハビリ施設P-BASE利用者様)

金婚式に妻や家族と旅行に行きたい。

金婚式に妻や家族と旅行に行くことが私の目標です。そのために、じぇぷとの旅行に参加するようになりました。旅行に参加するようになってから、次の旅行が楽しみになるようになりました。リハビリも頑張れます。

私にも、妻にも、良い仲間ができました。

私はいつも妻と一緒に旅行に参加しています。一番思い出に残っている旅行は、西尾うなぎツアーです。一緒に参加したご夫婦と時間をともにし、私にも、妻にも、よい仲間ができました。妻もお友達といろいろな話ができ、気分転換になっているのではないかなと思います。旅行を通して親睦が深まった仲間の存在は、私にとっても、妻にとっても、大きな存在になっています。

妻が行ったことがないところへ、連れていきたい。

じぇぷとの旅行サービスは、私の行きたいところはもちろん、妻の行きたいところにも連れて行ってくれます。旅行に行くことで、私たち夫婦が元気になっているように思います。今年はいよいよ金婚式です。

じぇぷとスタッフより

金婚式旅行、行ってきて下さいね!

旅行を通してお友達との親睦が深まりましたね。奥様同士もいろいろなことを情報共有できていることと思います。今年の金婚式旅行も楽しみですね!

ご旅行者様情報

脳卒中による右片麻痺で、歩行時は杖を使用。いちご狩りツアー、ノリタケの森ツアーなど3回のツアーに参加。
(リハビリ施設P-BASE利用者様)

「無理」だと思っていました。

じぇぷとの方に旅行に参加してみないかと何度か誘っていただきましたが、最初は本当に不安でした。自分が旅行に出かけるなんて、無理だと思っていたからです。ですが、じぇぷとの方に付き添っていただき、旅行を楽しむことができました。

歩くことに自信がもてるようになりました。

一番思い出に残っているのは2月に行ったいちご狩りです。そのときに、少しだけ歩くことができました。旅行先で歩けたことは、自信になりました。その後のリハビリでも、じぇぷとの方に背中を押してもらい、杖無しで歩くことができました。旅行をきっかけに、無理だと思っていたことに挑戦してみようと思えるようになりました。

目標は富士山に行くこと。

今の目標は富士山に行くことです。そのために、リハビリでは坂道を歩く練習をしています。目標ができて、意欲を持ってトレーニングすることができています。一番最初に勇気を出して旅行に参加してみてよかったです。

じぇぷとスタッフより

富士山、行きますよ!

旅行をきっかけに、「無理無理無理無理!」が「やってみようかな」に変わりましたね。私たちも嬉しいです。次は、富士山!必ず、行きましょうね!